<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
またひとつコツをつかむ。
今週はレッスンがお休みなので、
レッスン室を借りて個人練習。
先週買ったキャリーケースのおかげで持ち運びが楽になったため重い腰も軽くなりました(笑)
今日は今までにやった曲をひたすらひとりで練習…。
そこで今日は今まで気になっていた事を治す練習を。

気になっていた事と言うのは、吹いているときに喉がしまる感じがするということ。
どうしても喉に力が入ってしまうようで、ずっと吹いていると喉がしまる感じがしてくるのですね。たぶんこれがいかんのだな〜…と思い、なるべく喉を締めない(開く)ようにして音を出すように気をつけてみました。そしたら…。
やっぱり音が出やすくなった!!楽器が、“鳴る”感じに!
そして、いつも30分吹くと唇がマウスピースをくわえきれなくなって、息が漏れる感じがしていたのですが、それも解消されました。
どうやら喉に力が入って、そこから唇にも負担がかかって唇の筋肉が疲れちゃうようになっていたみたいです。
…やっぱり練習は必要だなと実感した一日でした。
来週はもちょっと上手く音が出せる…かな??
[PR]
by mistilteinn | 2006-05-31 23:53 | Saxophone
持ち物ピンク化計画続行中…。
今日はレッスンの帰りにヤマハの楽器屋さんにキャリーケースを見にいきました。
今使っているのは買った時についていたトランク型のケースで、背負えないし、自転車などにも乗せられないので気軽に持ち運びができずちょっと不便でした。

そこでC.C.シャイニーのピンクを発見!!このケースは色のバリエーションが豊富で、全部見たくて色々な楽器屋を周り、ピンク以外すべての色を見ていたので、ピンクを見てよかったらそれ、そんなに良くなかったら白か黒にしようかなと思っていたのですが、ピンクをみたらすごく可愛く…即決したと言いたいところですが、やっぱり“ピンクって…どう?”と店員さんと共にすごく悩んだ末、ピンクに決定〜!!
b0059687_21225176.jpg

b0059687_21231769.jpg

思ったよりも落ち着いた色なのとアルトなので面積が小さいからよかったかな。テナーだったらちょっと大変な事になってるかもしれないなあ。(^^;)ま、楽器ケースなんてすぐ傷だらけになるので今の可愛い状態なのもちょっとの間かもしれませんが…。
b0059687_21233759.jpg

ちょっと小物の収納部分が少ないのが難点。ネック部分は専用の袋に入れて、ベルの中にしまうようになっています。スワブも丸めてベルの中へ。ちなみにわたしのストラップは厚めの首当てがついてるものなので入らなかったです(>_<)普通のだったら入ると思う…。
これでもうちょっと持ち運びが楽になって、公園とかに練習にいけるぞ〜☆
[PR]
by mistilteinn | 2006-05-25 21:33 | Saxophone
ショック!!
頭がいい人、悪い人の話し方のオビについてる、
“頭が悪い人の話し方”という項目が、全部自分に当てはまっていた…。

…ショックすぎて買えませんでした…。
[PR]
by mistilteinn | 2006-05-24 18:47 | Blog
昨日のレッスンで
ちなみに昨日の先生のお話で一番おもしろかったのが、その土地土地の音階とか言う点でいうと、クラシックのピアノの音階に合わせると、表現できない音(たとえばフラットでもないレとミの間の音とか)が存在するということ。綺麗に五線譜に合わせられるのって、実は西洋の音楽だけなんですって。よく考えれば当たり前なのですが、それを聴いて、なんだか音楽の世界が広がった気がしました。(現代の音楽は五線譜に合わせて作曲しているから違うでしょうけど)三味線の音とかもそうでないものがあるらしいですよ。…なんか、言語と通じるところがありますよね。日本人は“r”が聞き取れないとか、英語圏の方には母音(アイウエオ)が発音できないとか…。ちなみに外国の方(英語圏の方)にアオイちゃんと言う子が自己紹介をして、“(発音できないから)勘弁してくれ”と言う話を聞いた事があります(^^;)
あらためて、世界は広いなあ…。
[PR]
by mistilteinn | 2006-05-19 00:11 | Saxophone
スウィング!スウィング!スウィング!
今日の練習は“茶色の小びん”だったのですが…。
リズムがスウィングのリズムだったのですね。
で、前から何回かは演奏していたのですが、
はっきり言って、“スウィング”が理解できず…。
“こういうリズムなのね”と吹いていたのですが、先日観た“スウィングガールズ”を思い出して、竹中直人の言っていた、“クラシックは表で拍をとるけど、ジャズは裏で拍をとる”と、本仮屋ユイカ扮する関口が、(信号の盲人用チャイムの故郷の空を聴いて)“これってジャズ??”って言っていたのが今イチ理解できず、ちょうどよかったので先生を質問攻めにし(笑)
ようやく分かったよ〜!!(≧▽≦)
そうか!八分音符2個=♪♪が、八分音符の三連符で、さらに前二個が繋がっている状態…タータ、タータ、タータ…なのね!!(←ここで初めて関口の言っていることが理解できる。…というかつながった。)
だからそのままマジメに読もうと思うとなんか違ったのね…。(もっと早く気づけよ…。)
“もともと、ジャズってその土地特有のリズムから生まれたものだから、クラシックの楽譜に起こすと違うものになる”ということなので、頭で考えるとやっぱり割り切れないところがあるみたいなので、とりあえずまずジャズのCDをたくさん聴こうと思います♪
とりあえず頭よりもまず身体で覚えたいと思います♪
楽し〜!!楽譜読むのがこんな楽しいなんてっっ!!
とりあえず今日はレッスンの時間だけでは足りず(というかスウィングの説明だけで後半ほとんど使ってしまったので^^;)一時間レッスン室を借り、練習延長〜♪
また音楽熱再発かも♪♪♪♪♪♪♪
楽しいねえ!音楽って!!!
[PR]
by mistilteinn | 2006-05-18 21:33 | Saxophone
スウィングガールズ
会社の友達にDVDを借りて観ました。
言わずと知れたヒット作ですが、
正直言うとウォーターボーイズのが面白かったかな??(^^;)
期待してすぎて見たせいかも…。
あの期間で初心者があそこまで吹けるようになるのはちょっと無理があるかなと、管楽器経験者なら突っ込みたくなるところですが、そこはおいといて。
展開に無理がある以外は基本的には面白かったです。

でも、実際に彼女たち、猛特訓してあそこまで吹けるようになったんですよね?たしか。
あの中の演奏はホントに吹き替え無しでやってるのかなあ?
だとしたらホント、すごいです。
屋上でのインザムードとかはかなりレベル高いような…。
あと、最後の演奏会のシーンではみんな本当に上手かったし。
何より、“音楽は楽しんでやるもの”という根本が描かれていたのが何よりでした。
とくにドラムの子がよかったです。
あと、トロンボーンの関口役の本仮屋ユイカちゃんが可愛かったです(*^^*)

あの映画見てサックスを習いに行く人が増えたそうです。
何にしても管楽器人口が増えるのは嬉しいです☆
私もテナーも習いたいなあ…。花形はアルトなんだけど、
絵になるのはテナーなんだよね〜…みたいな…。
[PR]
by mistilteinn | 2006-05-15 12:52 | Movie
レゴの新商品?
LEGO好きの私の最近のヒット作☆
b0059687_018354.jpg


一見、階段のパーツ??
と思いますが、実はこれ、とっても優れものなのです。
1 薄い板のパーツを外す時、↓こうして…
b0059687_0213182.jpg

2 ↓こうすると取れる!!
b0059687_022569.jpg

小学生のころ、このパーツがとれなくってねえ…。ばあちゃんの裁縫箱の糸切りばさみの先で剥がして取っていたものです…。(懐)でもその方法だと、ブロックが削れちゃうんですよね…。
この商品…20年前に出てればなあ…。(ToT)
[PR]
by mistilteinn | 2006-05-13 00:28 | My Favorite
ロハスとは
「ロハス」とは、
Lifestyle of health and sustainability
という英語の略。
「健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル」
といったところで、1998年のアメリカでの研究から導き出されたライフスタイルのモデルが元になっています。日本には2002年に紹介され、使われ始めたようです。
ロハスなライフスタイルとは、
「安ければいい」
「効率がよければいい」
という従来型の選択基準とは異なり、
「それは自分や他人のカラダに悪い影響を与えないものか?」
「それは地球環境にとってマイナスにならないものか?」
をまず考え、それによって消費や行動を選択していくもの。

…ということだそうです。
最近気になっている、この言葉。マイローハスという雑誌を気に入り、愛読しているうちにだんだん気になってきました。

その影響か、最近ハーブティやヒーリング音楽などが心地良く感じるようになってきた今日この頃…。前まで全然興味なかったのに…。
…年??(^^;)
[PR]
by mistilteinn | 2006-05-11 13:00 | My Favorite