カテゴリ:Back Number( 8 )
ドラゴン桜
今クールイチオシのドラマです☆

偏差値35の高校生たちの東大合格を目指す物語。
阿部寛扮する弁護士は経営難に陥った私立高校を建て直すべく、ある作戦に出た。それが、来年の受験で東大合格者を出すというもの。そのためにターゲットにされたのはワケありな生徒たち…果たして東大に合格できるのであろうか…!!

なんと言ってもキャストが豪華☆弁護士は我らがアベちゃんこと阿部寛。その他生徒たちにも山下智久、長澤まさみ…などなど。あと、担任の先生役にはハセキョーが。
でも気になるのはどうやって東大に入れるのか、ですね。でも前回で、数学はスポーツだ!と言って、反射的に答えを出す訓練をしていましたが、それはまさにそのとおり!なんで分数の割り算は分母をひっくりかえすのか…な〜んて考えてるヒマがあったらまずそれを実行する。そうでもしないと到底東大には受からないらしいです。(某人談)

何はともあれ今後の展開が楽しみです☆
今クールはこんなところかな〜。今回は結構いいドラマがありますね。

ところでこのTBSの金曜日夜9時の枠、前は“タイガー&ドラゴン”で、今回は“ドラゴン桜”…次も“ドラゴン〜”で、ドラゴン三部作とかなのかなあ…??
[PR]
by mistilteinn | 2005-07-26 12:55 | Back Number
菊次郎とさき
何年か前にやっていたドラマの続編です。

世界のキタノ、北野武の少年時代の物語。菊次郎は武の父親、さきは母親です。
今回は武少年が青年になり、お笑いをめざすようになるところまでを演ずるそうです。

ご存じの通り、さきさんは当時としてはめずらしい教育ママで、“貧乏から逃げ出すには教育しかない”といって息子たちを熱心に教育していきます。それもそのはず、お父さんが絵に描いたようなダメ親父で(悪い人じゃないんだけど)、お母さんは相当苦労をしたようです。
でもこのお母さんのすごいところは、それであきらめに入るのではなく、どうしたらよくなるか、を考えて実行するところですね。女性として見習いたいです(>_<)この母にしてこの子あり、世界のキタノはこうして生まれたのだな〜と納得してしまいます。
前回に引き続き、菊次郎は陣内さん、さきは室井滋さんです。少年武は変わってないんだけど、青年武は塚本高史くんです。…青年武が格好良すぎるのが気になるところではありますが…(笑)。
[PR]
by mistilteinn | 2005-07-22 12:58 | Back Number
電車男
実は今クールで一番楽しみにしているかもの電車男です。

私は原作(?)も映画も見なかったので、ここで始めて内容を知ります。(おおまかな流れは聞いたけど。)でもそれにしても豪華キャストですね〜〜。
伊藤くんはオタクも認めるオタクっぽさらしいですね。ウチの母に“気持ち悪い”言われてましたからね…。
エルメスは私の愛する伊東美咲ちゃん。(あ、イトウコンビなんですね…。)私の見所はもちろん伊東美咲ちゃんですからね。(笑)それに今話題の速水もこみちくんも出演していますね。ちょびっとだけど。
オープニングのおそらくオリジナルであろうアニメーションもけっこう可愛くて好きな感じです。
ところで、エンディングでサンボマスターが曲を歌ってる映像が流れるんだけど、あれがブサンボマスターに見えるのは私だけじゃないハズ…。
[PR]
by mistilteinn | 2005-07-21 13:02 | Back Number
女王の教室
離婚弁護士でおなじみ、天海祐希の主演ドラマです。
今回は同じ“先生”でも小学校の教師役。
容姿端麗、眉目秀麗。普通だったら人気者になりそうなところですが、でもこの先生、ハンパなくコワイんです…。
実力テストで最下位の子を代表委員という名の雑用係に任命するのですが、もう、いじめの集中攻撃。意味がわかりません。
普通このパターンだと、
1.だんだんいい先生になって生徒と打ち解ける
2.生徒が一致団結して先生をやっつける
のどちらかになりそうですが、今回はどちらも考えづらい…。なぜなら、非の打ち所がないような完璧な(ロボットのような)先生だからなのです。
この先生が生徒と打ち解けるなんてありえなさそうだし、非の打ち所がないので、小学生が立ち向かうには全12回じゃ足りなさそうだし…。

何より、今後の展開が楽しみです☆
[PR]
by mistilteinn | 2005-07-19 13:01 | Back Number
いま、会いにゆきます
超有名小説のドラマ化。
最近多いですね。ヒット小説→映画→ドラマのパターン。
私は小説はおろか映画も観なかったので、ドラマで初めて内容を知るので一から楽しんでみていますが…。でも、あれって、“ママ”、幽霊なんだよね…??でも、パパもぼくも状況を受け入れるのが飲み込み良すぎじゃあないのか…??
ちなみにうちの母はパパ役の成宮くんのファンです。(気持ちが若い…。)
[PR]
by mistilteinn | 2005-07-11 12:59 | Back Number
タイガー&ドラゴン
今クール、もう一つ楽しみにしているドラマです。
IWGP、木更津キャッツアイでおなじみの宮藤官九郎脚本です。
もう言うまでもなく、面白いですっっ!話の構成、テンポ、出演者、そして主題歌(主題歌のクレイジーケンバンドの“タイガー&ドラゴン”、この曲がこの話のヒントになったのではないかと言われています。)どれをとっても申し分ないです。ホント、クドカンは天才だなぁと思います。
長瀬智也扮するヤクザで落語家の虎児とその周りの人たちの物語。毎回落語のテーマが決まっていて、その話に基づきストーリーが進行します。最後に虎児の高座での話でその話がまとまるのですが、これがまるで水戸黄門の印籠的に決まった時間にまとまるので、とても気持ちがいいです。(笑)あと、虎児の決め台詞(?)“タイガータイガーじれっタイガー”、これを言う時の虎児がたまりません。かっこいい!(と思っているのは私だけ?)
ちなみに“真夜中の弥次さん喜多さん”は宮藤官九郎監督(略してクド監)だったのですが、これはよくわかりませんでした。やっぱりクドカンは脚本家くらいでちょうどいいのかなって感じです。天才ゆえに凡人にはちょっとわかりにくい…かな?(^^;)
[PR]
by mistilteinn | 2005-05-13 20:03 | Back Number
離婚弁護士Ⅱ
今クール一番楽しみにしているドラマです。
パート1は観ていなかったのですが、再放送で観てハマりました。
登場人物が好きな俳優さんばかりなので、まずそこで楽しめます。
(何回か述べましたが私はドラマとかをビジュアルで楽しむタイプ。)
天海祐希、玉山鉄二、そして佐々木蔵之介!(シリーズ1で、佐々木蔵之介が天海祐希に“ハンサムなラクダ”と称されてから以来ラクダにしか見えませんが、基本的には好みのタイプです☆)
今回は瀬戸朝香も出てきて見所満載ですね☆(この場合ホントの意味での“見どころ”)
ドラマ自体は一話完結のオムニバス形式なので見やすいし、基本的には勧善懲悪(?)ものなので見終わったあとにスカッとします。
あと、私はドラマは脚本と、俳優と、それから音楽がひとつになって作品になると思うので、音楽が私の中で結構重要なのですが、今回はこのドラマが一番3つが一体になっているかな。という感じで、好きです。エンディングテーマとエンディングのアニメーション(?)可愛いですよね。
それから…最近玉山鉄二が気になります☆春の特番でアーチェリーをやっているのがとてもサマになっていて惚れました。でも、彼実は“レンジャー”系出身なんですね…。知らなかった…。そのシリーズ、観たかったなあ…。
[PR]
by mistilteinn | 2005-05-09 22:58 | Back Number
ハチクロ第一回
観ました!(ビデオ録画だけど)
私は普段アニメはあまり観ないので、独特の台詞回しとかがちょっと不自然な感じがしましたが、オープニングやエンディングの映像や音楽の選曲がこの作品のポップな感じとうまくマッチしていて、とても可愛い作品になっていました。
声は結構イメージ通りで、とくに真山とはぐちゃんの声が私の中のイメージとぴったしでした☆
第一回は、コミックの第一回がほぼそのままアニメになった感じでしたが、この後の展開に期待です。
それにしても、森田さんが意外とかっこよくて惚れました(笑)
あれ?森田さんて変人だけどカッコいいって設定でしたっけ?
[PR]
by mistilteinn | 2005-04-17 12:46 | Back Number