凡ミス…?
今日は久々のレッスン。
お盆休み中はヤマハも休みだったので、ほぼ2週間ぶり。
すると、やはり勘は鈍ってくるもので、今日はまず音を出す練習…
ということで、曲ではなく音階練習をしようとしたところ、
レの音を出すと、不協和音のように“ワンワン”なってしまう。。。
これ、前にひとりで練習していたときにも起きた現象なのですが、
鳴らないときもあるので、なんだろうと思っていました。
で、先生に、
“今つかってるリード、古い?”と聞かれました。
答えはYes…どれくらい使ってる?と聞かれ、本当の事は答えられませんでした。
実は半年近く同じリードを使っていたので…。
リードを替えると、さっきより全然楽に吹けました。
昔、毎日吹いていたときは、同じリードが2週間以上割れないなんて事がなかったので、割れるまで使う癖がついていました。だからこんなことになってしまったのですが、は、恥ずかしい…!!
先生に、“リードはなるべく新しい物を3枚くらい用意しておくように”言われました…。
新しいリードは口当たりが悪い(アイスの棒をなめているような感じがします。)のでいやだなあと思っていたのですが、替えたとたん、ポーンと音が出るように…。
まさか、音が出ない第一の原因ってこれだったんじゃ…。

リード:写真の黒いマウスピースについている、薄い板の部分。葦という木(草?)で出来ていて、適度に湿らせて、ここを震わせて音を鳴らします…だから、とても重要な部分…ですね。(^^;)
b0059687_20195661.jpg

[PR]
by mistilteinn | 2006-08-24 20:24 | Saxophone
<< blast Ⅱ:MIX 初!免許更新 >>