スウィング!スウィング!スウィング!
今日の練習は“茶色の小びん”だったのですが…。
リズムがスウィングのリズムだったのですね。
で、前から何回かは演奏していたのですが、
はっきり言って、“スウィング”が理解できず…。
“こういうリズムなのね”と吹いていたのですが、先日観た“スウィングガールズ”を思い出して、竹中直人の言っていた、“クラシックは表で拍をとるけど、ジャズは裏で拍をとる”と、本仮屋ユイカ扮する関口が、(信号の盲人用チャイムの故郷の空を聴いて)“これってジャズ??”って言っていたのが今イチ理解できず、ちょうどよかったので先生を質問攻めにし(笑)
ようやく分かったよ〜!!(≧▽≦)
そうか!八分音符2個=♪♪が、八分音符の三連符で、さらに前二個が繋がっている状態…タータ、タータ、タータ…なのね!!(←ここで初めて関口の言っていることが理解できる。…というかつながった。)
だからそのままマジメに読もうと思うとなんか違ったのね…。(もっと早く気づけよ…。)
“もともと、ジャズってその土地特有のリズムから生まれたものだから、クラシックの楽譜に起こすと違うものになる”ということなので、頭で考えるとやっぱり割り切れないところがあるみたいなので、とりあえずまずジャズのCDをたくさん聴こうと思います♪
とりあえず頭よりもまず身体で覚えたいと思います♪
楽し〜!!楽譜読むのがこんな楽しいなんてっっ!!
とりあえず今日はレッスンの時間だけでは足りず(というかスウィングの説明だけで後半ほとんど使ってしまったので^^;)一時間レッスン室を借り、練習延長〜♪
また音楽熱再発かも♪♪♪♪♪♪♪
楽しいねえ!音楽って!!!
[PR]
by mistilteinn | 2006-05-18 21:33 | Saxophone
<< 昨日のレッスンで スウィングガールズ >>