春の雪
ひさしぶりに映画を観ました。

三島由紀夫原作“豊穣の海”の第一巻に当たる部分を映画化した、春の雪です。

主演は竹内結子、妻夫木聡。
ふたりともとても大好きな俳優さんです。
舞台は大正時代。没落貴族の娘と、成り上がり貴族の息子のラブストーリー。
映画としては、キャスト、衣装、音楽などの構成がすばらしく、ひさびさに“総合芸術”という言葉を思い出しました。
まだ観てない方の為に詳しくはふれませんが、妻夫木君の今までにはないような性格の主人公がよかったです。少年ゆえの潔癖さや苛立ち、そんなものを上手く表現されていたのではないかと思います。そして竹内結子は文句なしに美しかったです。このときはもう妊娠していたんでしたっけ?本当に綺麗でおもわずため息が出ました。

三島由紀夫は実は一度も読んだ事がなく、世界観がわからないのですが、もしこの映画が忠実に世界観を再現しているものだとしたら、とても素晴らしかったです。
パンフレットに三島の他の作品や、豊穣の海の春の雪の続きに当たる巻のあらすじが書いてあったのですが、どれも面白そうで、三島作品を読破しようかと今考え中です。おすすめがありましたら教えてください☆
[PR]
by mistilteinn | 2005-11-17 20:49 | Movie
<< 石田 衣良 復活!! >>