姑獲鳥の夏
うぶめのなつと読みます。
京極夏彦原作の同名小説の映画化。小説やコミックの映画化って微妙な感じが多いのですが、今回はアタリでした☆なにより世界観が忠実に再現されてて感動しました。
舞台がロケではなく全てセットで作ったというのが大きいのかな?とにかく小説ファンをがっかりさせないとてもすばらしい仕上がりだったと思います。
でもひとつだけ…私はどうしても京極堂(主人公)はトヨエツのイメージだったので、堤真一だと聞いたときにはちょっとがっかりしました。でも予想を覆し、とても素敵でした。やっぱり堤真一ほどのベテランだと、難無くこなしてしまいますね。
あと、榎木津(大金持ちの探偵)の役は、私は福山雅治あたりをイメージしていたのですが、阿部寛でした。こちらもアベちゃん特有の雰囲気でみごとに榎木津になっていました。
小説を読んでない方にもとてもおすすめですが、全国ロードショーでないのが残念…。なんで?やっぱりマニアックだから??(^^;)
[PR]
by mistilteinn | 2005-08-12 13:02 | Movie
<< 大仕事 ピンチ! >>