女王の教室
離婚弁護士でおなじみ、天海祐希の主演ドラマです。
今回は同じ“先生”でも小学校の教師役。
容姿端麗、眉目秀麗。普通だったら人気者になりそうなところですが、でもこの先生、ハンパなくコワイんです…。
実力テストで最下位の子を代表委員という名の雑用係に任命するのですが、もう、いじめの集中攻撃。意味がわかりません。
普通このパターンだと、
1.だんだんいい先生になって生徒と打ち解ける
2.生徒が一致団結して先生をやっつける
のどちらかになりそうですが、今回はどちらも考えづらい…。なぜなら、非の打ち所がないような完璧な(ロボットのような)先生だからなのです。
この先生が生徒と打ち解けるなんてありえなさそうだし、非の打ち所がないので、小学生が立ち向かうには全12回じゃ足りなさそうだし…。

何より、今後の展開が楽しみです☆
[PR]
by mistilteinn | 2005-07-19 13:01 | Back Number
<< 女王の教室 続き。 いま、会いにゆきます >>